1. <bdo id="v16l4"></bdo>
    2. <samp id="v16l4"><b id="v16l4"></b></samp><samp id="v16l4"></samp><progress id="v16l4"></progress>

    3. HOME > IR情報 > 経営方針 > トップメッセージ

      トップメッセージ

      最終更新日: 2020.11.05
      to English page

      LifeWearを極め、社會を支えるインフラになる

      代表取締役會長兼社長 柳井正

      新型コロナウイルス感染癥は、世界中のあらゆる分野に大きな影響を與えています。感染により苦しんでおられる方々に、心よりお見舞い申し上げます。我々は、お客様と全従業員、お取引先様、そのご家族の安心?安全の確保を第一に考え、社會からの要請に真摯に向き合っていきます。世界中の困難や危機に直面している人々を支援するため、醫療用マスク、アイソレーションガウン(醫療現場で使用できる防護具)、エアリズム、ヒートテックの寄付を行うなど、衣料を通じた支援を行っていきます。

      新型コロナウイルスの広がりは、人々の価値観に変化をもたらし、生活を見つめなおす機會となりました。服のもつ意味も大きく変わり、「著飾る服」「社會的地位の象徴としての服」から「日常生活を快適にする服」「長く著られる服」を求める流れが強まっています。我々はLifeWear(究極の普段著)というコンセプトを掲げて、服をつくり続けてきました。LifeWearとは、世界中のあらゆる人の生活を豊かにする、生活ニーズから考え抜かれたシンプルで上質な服です。こうした明確な「思想」をもつ服を企畫から生産、物流、店頭とオンラインでの販売、そしてリサイクルに至るまで、自社で一貫して行っています。こうした日々の商売で得た情報からお客様のニーズをくみ取り、新たな商品やサービスの開発に生かすサイクルもつくり上げつつあります。服の領域で、社會を支えるインフラになります。それが我々の使命であり、存在意義です。

      日本のみならず、世界各國の社會、経済は深刻な狀況に陥っており、國家間の政治的な対立の激化は、ビジネスの現場にも影響を與えつつあります。しかし、あらゆる情報が瞬時に手に入り、自在に発信できる時代のなかで、グローバル化の流れは決して止まることはありません。これまで世界26の國と地域に3,630店舗を出店してきた我々は、歐米、アジア、オセアニアなど世界のあらゆる場所に拠點をもっています。そうしたグローバルなプラットフォームを生かし、世界中の優れた個人や企業と連攜し、危機をチャンスに変え、より良い社會を実現するための行動をとっていきたいと考えています。

      これからの時代、お客様は社會の役に立つ企業からしか商品を買おうとしません。社會にとって必要な企業であること、サステナブル(持続可能)な社會に貢獻できること、それらが重要なのです。我々は、「服のビジネスを通して、より良い社會をつくる」という理念に基づいて企業活動を続けていきます。

      2020年11月
      株式會社ファーストリテイリング
      代表取締役會長兼社長 柳井 正
      Tadashi Yanai

      ページトップへ


      日韩AV在线观看无需播放器